ドラマチックな初体験

f:id:mnkm7:20180211113419j:image

2月10日、うまれてはじめて、俗にいう2.5次元、漫画の舞台に行った!with妹(高瀬準太、の、俳優推し)とわたし(阿部隆也推し)の友人(榛名元希推し)とその友人(花井梓推し)。

友人とその友人は、テニミュとかホイッスルのやつとか、アンステとかによく行っている。妹は舞台俳優の追っかけなので、舞台初心者はわたしだけだ。

 

おおきく振りかぶって』にはまっていたのはもう10年は前の話。。。それでもわたしは毎年12月11日には、年を取らない阿部隆也のためにケーキや寿司を買ってじぶんで食べるし、3次元の男もタレ目がすきだ。

 

ついに推しが紙を出るというわけで、10年越しの初デートのような気持ちで、洋服選びも戸惑う。とりあえず、ワンピースを着て戦闘態勢を整えてサンシャイン劇場へと向かった。

 

まったく2.5次元の舞台に興味がなかったわたしは、舞台がどのようなものかも存じ上げないし、下調べをしていなかった。そのため、はじまる前に「とつぜん歌ったり踊ったりする感じなん!?」と、ミュージカルを連想しながら友人に問いかけ続けていた。

 

いざ舞台がはじまると、わたしのニヤニヤは止まらない。シュールすぎて笑うしかなかったのだ!

みんなもちろん漫画のキャラクターの顔ではないし、声も声優の声ではないし、これは一体なんなのか!?!?!?と、笑いが止まらなかった。

前から3列目のど真ん中だったので、バカにしたような笑顔をしているわたしはもしかすると目に入っていたかもしれない、ごめんなさい。。。笑

 

まあ、しばらくしたら慣れた。単純にみんな演技がうまかったので、お話として楽しめる。あ〜〜このシーンあったよね、と、懐かしい気持ちになった。オタクは最高。

 

・ベースボールベアーのドラマチックで踊ってた、みんなかわいい

・田島くん役の人が主役を食ってた。すごい。

・なかでも久住小春ちゃんがよかった!なめてました!

・わたしの阿部隆也役の猪野広樹くんは、なんていうか、輝いていた。。。なんか、わたしはあくまでもペーパーの阿部隆也がすきなので、やっぱり三次元に出ていただく必要はなかったかなとは思う。

・けど、猪野広樹くんという存在はとても尊かった。複雑な気持ちだ。

榛名元希役の人踊りが苦手みたいでかわいかった

花井梓の再現率が高すぎ

・クソレフト〜〜!!!が、聞けてよかった

・アドリブがかわいかった

 

終演後は、池尻大橋駅にある「だれかれ」という和食料理屋さんにうかがった。

ハイステに出ていた俳優さんがオーナーらしく、妹が行きたがっていたので予約しておいたのだ。

その俳優さんも働いていて、妹はうれしそうだった。話そうと思えばぜんぜん話せる距離というか、オーダーも取りに来てくれたけど、妹は「そんな話しかけたら失礼やろ!」と、何もしなかった。出来たオタクである。

 

あと、女優?の、M地真緒さんが同じ店で飲んでた。芸能人を近くで見たのはひさびさでした。

 

とにかく3時間オタクな話をノンストップでし続けて、おいしい酒が飲めた。オタクは最高。阿部隆也は最高。ドラマチックな1日だった。

 f:id:mnkm7:20180211120020j:image

 石井ゆかりさんはすごい。